• ホーム
  • 院長紹介
  • クリニック紹介
  • アクセス診療時間
ホーム > 治療の流れ

治療の流れ

術後のより良い使用感を実現するには、
CT撮影、顎機能検査、咬みあわせチェックなど、術前の周到な検査が必須です
1.診査・各種検査
模型診査、各種画像による検査(パノラマ撮影、セファロ撮影、CT撮影等)を行います。
2.顎の動き、咬みあわせの検査
顎機能診査プログラム「CADIAX」による顎の動きの検査に加え、咬みあわせが上手くできているかの検査も行います。当院では、ただ埋めるだけでなく、埋入後の咬みあわせの状態までを考慮してインプラント治療を行います。
3.治療計画の説明
各種検査の結果をお知らせし、現在の患者さまの顎の骨の状態を説明させていただきます。
治療費、治療期間を含めた治療計画を詳しく説明いたしますが、ご不明・ご不安な点等ございましたら遠慮なく仰ってください。

※顎の骨の量・厚さが不足している場合は、GBR法、サイナスリフト、ソケットリフトなどの「骨再生法」による骨の治療が必要となります。
4.術前処置
むし歯や歯周病がある場合は優先的に治療し、インプラントを長持ちさせる下準備を行います。
5.インプラント手術
【一次手術】インプラント埋入を行います。

骨との結合期間(およそ3~4か月)を経て、インプラントを粘膜で覆った場合は、粘膜を貫通するための手術【二次手術】を行います。

※結合期間は、仮歯(プロビジョナルレストレーション)を装着していただけます。咬みあわせの安定、歯周組織の安定のためにもなります。
6.上部構造装着
咬みあわせの安定が確認できれば、最終的な上部構造を製作・装着していただけます。
7.メインテナンス
インプラント自体は人工物ですのでむし歯にはなりません。しかし、インプラントを支える歯周組織のお手入れは欠かすことができません。毎日のブラッシングはもちろん、歯科医院でのプロフェッショナルによるケアを受けることによって、インプラントは長持ちします。

状態が良くなれば、メインテナンスは3か月に一度程度まで頻度を抑えられます。患者さまのご協力で、より長く、ご自身の負担も軽減され、インプラントを使用していただくことができます。